夫婦で利用するリバースモーゲージ

自宅を担保にすることによって死亡時まで融資を受けることができるリバースモーゲージという制度が今注目を集めています。
年金のように毎月融資を受けることができ、毎月の返済をする必要はなく、返済は満期時か死亡時の早い方に自宅を売却することを前提としています。
自宅を売却してお金を得るのではなく、住みながらにして死亡時までお金を受け取ることができるというのが大きな魅力です。
しかしそこで一つの疑問が生まれるかと思います。
それは夫婦で一緒に生活している場合、契約者の方が亡くなったらどうするのか?ということです。
当然夫婦一緒に同じ住宅で生活をしていれば、どちらかが死亡したからといって自宅を売却すると住めなくなってしまいますよね。
高齢者というのが前提ですから、それから引越しをするというのも簡単なことではありません。
現金で返済することも可能ですが、多くのケースでそれも難しいでしょう。
ですがそういった場合でも実は安心です。
夫婦の場合であれば、契約者が死亡した場合も配偶者の方が条件さえ満たしていればそのリバースモーゲージを継続することができるわけです。
リバースモーゲージを引き継いで、またその方が亡くなった際に自宅を売却して返済することになるわけですね。

カテゴリー: リバースモーゲージ | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

地方銀行でのリバースモーゲージ

老後の安定した生活やあるいは充実した生活のための方法の一つとして近年注目されているのがリバースモーゲージという制度です。
リバースモーゲージは自宅を担保にして金融機関や自治体から借り入れを行うことができるというものなのですが、
現状日本ではまだそれほど浸透しておらず、扱っている金融機関や自治体はそれほど多くありません。
扱っている金融機関としては一つに地方銀行が挙げられます。
大きな銀行の場合だと東京など都市部の物件しか担保にできないことがほとんどですが、
地方銀行の場合であれば、当然その地方の物件を対象として契約することができるということになります。
リバースモーゲージの扱いを行っている地方銀行としては例えば群馬県の群馬銀行や埼玉県の武蔵野銀行、広島県の広島銀行といったところがあります。
今後もさらに取り扱う地方銀行が増える可能性もあるかもしれませんが、現状を考えると劇的に多くなるとはなかなか考えられそうにはありませんね。
地方の銀行の対象となる地方の物件ということは当然それだけ評価額も低くなるということで、その評価額に応じて決まる貸付の金額も小さくなるわけですね。
そういったことを考えてもいろいろと難しい部分はあるでしょう。

カテゴリー: リバースモーゲージ | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

三井住友銀行のリバースモーゲージ?

高齢者の方にとって、仕事をやめてからの収入を確保するのはなかなか大変なことですよね。
年金があるとは言ってもそれだけでは十分ではないという方も多いことでしょう。
そこで近年注目されているのが住宅を担保として借り入れを行うリバースモーゲージという制度ですね。
自治体や銀行などが扱っているりリバースモーゲージを利用すれば、住宅に住みながらにしてそれを担保としてお金が借りられるわけです。
リバースモーゲージを扱っている銀行はまだ多くないですが、例えば三井住友銀行はどうでしょう。
リバースモーゲージの話になると三井住友銀行の名前があがってくることもあるかもしれませんが、
実は三井住友銀行ではなく正しくは三井住友信託銀行ですね。
同じような名前ではありますが、同じグループではないので注意が必要ですね。
まぁもちろん三井住友銀行ではリバースモーゲージは扱っていないので勘違いしていても問題にはなりませんけどね。
扱っているんは三井住友信託銀行の方で、利用者も割りと多いのではないでしょうか。
他の銀行や自治体と比較すると、収入要件に制限がないというのが一つの特徴となるのではないでしょうか。
年金収入などがなくても評価の高い住宅があれば借りることができるということですね。

カテゴリー: リバースモーゲージ | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

リバースモーゲージを利用して老人ホームに

最近話題になっているリバースモーゲージというと、自宅を担保としてそこに住みながらにして融資を受けるというのが一般的なイメージですよね。
確かにそういった利用方法というのが一般的ではあるのですが、
リバースモーゲージの利用の仕方というのはそれだけではありません。
例えば老後に自宅ではなく老人ホームに入りたいという方もいらっしゃるかと思います。
特に配偶者もいなく単身世帯の方の場合だと老人ホームの方が何かと安心ということもあるでしょう。
しかし、老人ホームに入るための資金がない、とそういった時にリバースモーゲージを利用するわけです。
自宅を担保として金融機関などから融資を受けるのは同じなのですが、その自宅に契約者が住むのではなく、
金融機関がその物件を借り上げ、それを賃貸などとして利用します。
そしてその賃料を資金として契約者に融資を行うというわけですね。
高齢者が一人で住むには広いような家の場合だと、そういった広い家を探している方に貸して毎月の家賃を得た方が良いということですね。
老人ホームへの入居費用がないけれど自宅はある、というような方はこのような形でリバースモーゲージを利用するのも一つの選択肢になるわけですね。

カテゴリー: リバースモーゲージ | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

リバースモーゲージの融資額について

老後の安定した生活のために自治体や銀行などが自宅を担保として融資を行うリバースモーゲージという制度があります。
これを利用することで老後の生活が不安という方の悩みが解消されたり、
もっと趣味などにお金を使った充実した老後を贈りたいという方の願いを叶えたりといったことができるわけです。
当然融資を受けることができるとは言ってもいくらでも受けられるわけではありません。
リバースモーゲージは自宅を担保とするわけですから、その融資額についてもその自宅の評価というのが基本となってきます。
リバースモーゲージの融資額は扱っている自治体や金融機関によって変わってきますが、
一般的にその物件の評価額の50?70%となっています。
契約をした段階で融資額の限度は決まりますが、実際のところ物件の価値というのは十年後二十年後には下落している可能性がありますよね。
ですからそういったリスクを回避するという意味もあって評価額からある程度割り引いた金額を融資の限度額と設定しているわけですね。
ある程度価値が下落したとしても予め低めに融資額を設定しておけば契約者が死亡後に物件を売却した際に返済が足りないなんていうことにならないということですね。

カテゴリー: リバースモーゲージ | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

リバースモーゲージのメリットとデメリット

最近いろんなところで耳にするようになった「リバースモーゲージ」
高齢者の方が住宅を担保として自治体や金融機関から借り入れをするというものですね。
収入のない高齢者の方が死亡時に担保となる住宅を売却するということを前提として住宅に住みながらお金を借りることができるということで注目されています。
先に住宅を売却してしまうのと違いそのまま住むことができるのが大きなメリットですよね。
メリットが多く非常に良いシステムのように思えるこのリバースモーゲージですが、メリットに反してデメリットもいくつかあるので、利用を検討しているなら知っておきましょう。
リバースモーゲージのデメリットですが、まず利息がつくということ。
借り入れなのですから当たり前なのですが、予想以上に長生きした場合に利息が大きくなり返済する金額も大きくなっていきます。
長生きすることが悪いというように聞こえてしまいますが、借り入れが長くなれば当然利息は高くなりますよね。
また、資産価値の変動というのも大きなデメリットとなりえます。
返済については基本的に死亡後に住宅を売却して行うわけですが、資産価値が落ちてしまうと借り入れた金額より売却価格が小さくなるという可能性もあるわけですよね。
そうなると保証人や相続人が残りを返済しなくてはいけません。

カテゴリー: リバースモーゲージ | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

リバースモーゲージで住宅ローンの借り換え

高齢者の方で仕事をやめた後の収入がないという方も多いかと思いますが、
それでも住宅ローンの支払いが残っているという方もまた多いでしょう。
そうなると老後の生活資金が心配になってくるわけなんですよね。
退職金などがあるとしても、住宅ローンの返済を毎月しながらということになるとなかなか大変です。
そこで今注目されているのがリバースモーゲージを利用して住宅ローンの借り換えをするという方法です。
リバースモーゲージは住宅を担保としてお金を借りることができる制度のことであり、
リバースモーゲージであれば毎月の返済はなく、満期時か死亡時に住宅を売却することを前提としています。
ですから、住宅ローンをリバースモーゲージで借り換えすることによって毎月の返済に困ることがなくなり、
老後の生活資金の心配がなくなるということですね。
リバースモーゲージは使用用途が基本的には自由となっていますから、住宅ローンの借り換えとして借りたいという場合でもほとんどの場合では問題ないでしょう。
もちろん借り換えをしたとしてリバースモーゲージでも借り入れたお金には利息が付くわけですが、やはり満期か死亡時までは返済をすることがない、というのが非常に大きいですね。

カテゴリー: リバースモーゲージ | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

ソニー銀行のリバースモーゲージ取り扱い

最近老後の生活資金として注目されているのが「リバースモーゲージ」というものです。
聞いたことがあるという方も多いかもしれませんが、
簡単に言えばリバースモーゲージというのは住宅を担保として自治体や金融機関から借り入れを行うというものです。
高齢者の方が年金のような形で毎月借り入れを行うわけなので利息もついていくのですが、返済については基本的に行いません。
返済は契約者が死亡した際、あるいは満期になった際に行われ、基本的にはその担保を売却して行われます。
このリバースモーゲージは銀行などでも扱っているところがありますが、例えばソニー銀行などはどうでしょうか?
普段からソニー銀行を使っているという方でしたらリバースモーゲージもソニー銀行で考えたいと思うかもしれませんね。
しかし残念ながら現時点ではソニー銀行ではリバースモーゲージについての取り扱いというのはないようですね。
まだまだリバースモーゲージを扱っている銀行自体がそれほど多くはないですから、今後取り扱うという可能性がないわけではないでしょうけれど、
できればすぐに利用したいということであれば、他の金融機関などで取り扱っているところを探すしかないでしょうね。

カテゴリー: リバースモーゲージ | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

不動産担保ローンの一括返済について

不動産を担保として高額な融資を受けることができるということで、事業のための資金や教育資金として利用する方も多い不動産担保ローン。
高額な融資を低い金利で利用することができるということで魅力的なローン商品の一つなわけですが、
当然ローンなわけですから、不動産担保ローンも毎月返済をしていくことになります。
そして当然そこには金利が付いてくるので、利息を払っていくことにもなるわけですね。
長期間の返済になりますから、金利が低くてもその利息も結構な金額になります。
少しでも支払うことになる利息を減らすには早い段階で一括返済してしまうという方法がありますよね。
一般的なカードローンなどでは一括返済をしてしまった方が良いという話はよく耳にするかと思います。
不動産担保ローンの場合も一括返済してしまった方が確かに最終的に支払うことになる利息が少なくなるのは間違いないでしょう。
しかし注意したいのは不動産担保ローンの場合一括返済をすると違約金が必要になってしまうという場合があります。
つまりは最初に決められた期間で返済するということが契約として決まっているというケースがあるということです。
利用の際にはそういった条件も確認しておきましょう。

カテゴリー: 申込・検討 | コメントは受け付けていません。

不動産担保ローンと住宅ローンの違いについて

世の中にはローンというのはいろんな商品がありますよね。
身近なものであればカードローンのような使途自由のフリーローンがありますが、
もっと高額な融資を受けられるローン商品として例えば住宅ローンというのも割りと利用する方の多いローン商品の一つでしょう。
住宅ローンというと住宅を購入するためのローンなわけですが、住宅に関係するローン商品の一つに不動産担保ローンというものがありますよね。
中にはこの住宅ローンと不動産担保ローンの違いがわからないという方もいるかもしれません。
この2つのローンにはどういった違いがあるのでしょうか。
まず住宅ローンというのは当然住宅を購入するための資金を借り入れするものであり、これから購入するその住宅を担保とするものです。
一方不動産担保ローンというのはすでに所有している不動産を担保とすることで資金を借り入れし、事業のためであったり教育資金やリフォーム資金として用いるというものです。
まず資金の使途の違いがありますね。
また、不動産担保ローンを利用する場合に住宅ローンと同時に借り入れすることも可能です。
ある程度残債が減っているということが条件になるかと思いますが、住宅ローンの返済をしながらその住宅を担保にして融資を受けることができるわけです。

カテゴリー: 申込・検討 | コメントは受け付けていません。